MEMO:ごっつええスイス+追記でWW2早わかり記事
スイス
スイスの歴史
永世中立国
スイスにおける民間防衛

外務省:スイス
スイス政府観光局公式ホームページ


ご苦労された歴史はなるほど少し理解。
確かにハイジの刷り込みはスイス理解の障害になっている面もかなりありそう。
(でも本家スイスではTVでハイジ放送してて外国の作品だと思われてない報道もどっかで見た)
WW2では連合国側から牽制攻撃されてるのに永世中立違反だと批判されちゃうんだーとか。
EU加盟が国民投票で「メリットないからイラネ」と否決されちゃうんだーとか。
米中ロと密な関係になりたくない小国が加盟したいけど加盟の審査が厳しくてなかなか…というイメージがEUにはあるんだけど、既得権益に何かしら貢献してくれない奴なんか仲間にしてもイミネっつーのは生物の本能だからそういう審査スタイル自体に文句はない。
話をスイスに戻してわりと最近まで婦人参政権がなかったというのが一番スゴス。
んー、まあガッチリ蓄えと分配があるとこならそういう不平等にキリキリ文句つけようって感情が湧きにくいのかも(国が富んでいれば国民の不安や不満は減るのでさらに富み安定する論)。
国土が狭いにも程があるのに(表面積は広そう)多宗教・多民族国家してるのもすごいなぁと。
スイスの銃はきっと高級で紛争地帯の人らが持ってるAKのような拡散はしないのだろうなぁ。
AKといいトカレフといい、誰でも簡単に目の前の敵をぶっ飛ばせる銃器の拡散は中国経由か…。
エリア88の傭兵とスイスの傭兵が全然違う気がするけど補正度が高いのは漫画かやっぱ。
エリア88に登場するスイス銀行の恐ろしさは補正度高くない気がする不思議。

◇追記◇
ドイツ 軍 兵器 同性愛でググったらおもしろかった
ホロコーストに関する認識だけは同意できないと明言するがドイツ軍Sgeeeeeeee!!!
長い記事だが読んでみると英国の行いの悪さがあからさまに浮き彫りになる。
カタパルト作戦でフランス軍をボコる必要性が記事を読む限りアイドンッアンダスタンッ。
そりゃグロミシュランの国民も怒るでしょうとしか。
日頃の行いの悪さから旧ソにも損害与えているし、アメ公としか付き合えないのも理解できる。
そして日独共に補給路の問題で消耗戦になったのが運の付き、という共通点と、「今度はイタリア抜きで」という本当にそんなやり取りあるのかよと疑われる言葉とは裏腹に悲しいほど日独の足並みがてんで揃わずお互い悪いほうにしか転んでない点も…。
あとイタリア軍は本当にそんなにダメだったの?ネタ話ではなく?
日独伊三国同盟の中で異様に影が薄く戦後処理の話もあまり聞かないのはもしかして戦力にならず連合軍にあまり被害を与えなかったから?
ちょっと思ったんだけど陸空はドイツ担当で海はイタリア担当にすればよかったのでは…。
ちなみに「今度はイタリア抜きで」と仮に私がもし言われてもSSや独軍に全責任おっ被せて全否定した(検証不可にしてユダヤを同和化させた)ような腑抜けどもとは金輪際組みたくないと日本語で言いたい芽が吹き出たイモ野郎に。
ちなみに英国の食糧事情はドイツを笑えないほどジャガイモまみれだとか。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-07-19 18:03 | 今日のニュース・雑考
<< 食生活史/日本とトルコは本当に... 「海外メディアが報じた日本」史 >>