「ほっ」と。キャンペーン
買った本・借りた本・その他(漫画含む)
ハマコー だう!/浜田幸一(講談社)
たまには誉めてやる/浜田幸一(廣済堂出版)
ダダ漏れ民主主義/日垣隆(講談社)
怒りは正しく晴らすと疲れるけれど/日垣隆(WAK)
小泉外交二〇〇〇日の真実/読売新聞政治部(新潮社)
八股と馬虎 中華思想の精髄/安能務(講談社)

新書・新古書・古書店で購入。


チェ・ゲバラ 革命を生きる/ジャン・コルミエ(創元社)
中東迷走の百年史/宮田律(新潮社)
パレスチナ紛争史/横田勇人(集英社)
知識ゼロからのローマ帝国入門/阪本浩(幻冬舎)
暗黒大陸 中国の真実/ラルフ・タウンゼント(芙蓉書房出版)
「ザ・レイプ・オブ・南京」の研究/東中野修道・藤岡信勝(祥伝社)

図書館で借りた。
知識ゼロからの~はイラストの多さから子供の読み物に見えるが意外と優れ物。
チェ・ゲバラは訳文が読みにくくてたまらんがゲバラ自身の手記や写真などでなんとか読める。
車輪の漫画より金正日の漫画やアメリカ貧困漫画を置いてほしいでござる。


世界の大遺跡6 ローマ帝国の栄光(講談社)

だいぶ以前から所蔵していた全13巻のグラビア本、すごくでかくて重くて持ち運びに苦労。


チェーザレ/惣領冬実(講談社モーニングKCDX)

漫画だがとても面白いのである。
帯を外してコミックスの表紙だけ見ると漫画じゃないのである。



あとは最近購入した漫画。

テルマエ・ロマエ1/ヤマザキマリ(エンターブレイン)
裁判員の女神5/かわすみひろし・毛利甚八(実業之日本社マンサンコミックス)
医龍23/乃木坂太郎・永井明・吉沼美恵(小学館ビッグコミックス)
トクボウ朝倉草平7/高橋秀武(集英社SJコミックス)
MOONLIGHT MILE18/太田垣靖男(小学館ビッグコミックス)
ギャラリーフェイク003/細野不二彦(小学館文庫)
ライジングインパクト6~10/鈴木央(集英社文庫)
Axis Powers ヘタリア1~3/日丸屋秀和(幻冬舎コミックス)

そろそろダブルフェイスの新刊と獣医ドリトルの新刊を拝みたいのである。


そして殺人者は野に放たれる/日垣隆(新潮文庫)
少年リンチ殺人事件 ムカついたから、やっただけ≪増補改訂版≫/日垣隆(新潮文庫)

最近やっと完全読了、いろいろ思うとこあり。
イジメもリンチも中華思想、加害者が被害者ぶるのは自身が加害者である事実を認識していないか、「イヤな事件」をさっさと忘れたいから、などなどいろいろ考えたので私なりの感想をまとめたいが体力・精神力・集中力の面で実現困難と思われる。


ちょっとだけ追記。
惣領冬実が確かモーニングで「ES」というサイエンス(?)サイコサスペンス漫画を連載していた頃、掲載紙のインタビュー企画か何かで「好みの男性像」を訊かれてなぜか「苦手な男性像」を語っていたが、そりゃアンタの漫画の男主人公キャラじゃねーかと思った記憶がある。
イケメンで無表情で痩せていて手足が長い男性が不安で怖い…チェーザレだとアンリやメディチ家のボンクラ息子が不安を感じない男性像なんでしょうか(確かに惣領冬実が描くイケメンキャラはホラータッチで怖いけども)。
麻生さんが「黄金のラフ」好きとどっかで聞いてさすが麻生さん!と惚れ直した。
黄金のラフ初期から読んでるけどマイトかっこいいよな!飛ばし屋はとにかくカッコいい。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-07-09 11:28 | 読書・漫画・TV
<< 【赤松口蹄疫】参院選の行方如何 【赤松口蹄疫】角界不祥事>参院... >>