【赤松口蹄疫】被災農家支援!牛豚(モーブー)バンドの申込用紙DL可
口蹄疫 啓発リストバンド販売 川南の若者連絡協
宮崎日日新聞 2010年06月16日


心一つに、前へ前へ―。川南町の若者連絡協議会は、大きな輪になって口蹄疫問題に立ち向かおうと、リストバンドを作った。家畜の慰霊や防疫の啓発を願い、多くの「仲間」を呼び掛けている。収益金は被害農家らへの義援金に充てられる。

同協議会はJA尾鈴、町商工会、川南漁協の各青年部と、若手農業者団体のSAPで組織。「牛や豚を敬い、再建への思いを切らさないために何か身に着けるものを」と役員が提案。町民の意見も参考にしながら具体化した。

牛と豚の鳴き声から、その名も「MO(モー)VE(ブー)バンド」。英語のMOVE(ムーブ・動く、取り組む)に掛け、ゴム製のバンドにMOVEの文字と牛豚の姿をあしらった。色は宮崎の太陽を表すオレンジ。

1個500円で近く販売を始める。3万個を用意し、県内外のJAや商工会議所・商工会などで販売する予定。現在、取り扱いが可能な事業所などを募集している。

同協議会の小高勝寿会長(39)は「支援の輪が県内、全国へと広がり、強固な団結心が生まれればうれしい。物として残すことで永遠にこの教訓を忘れない証しともしたい」と話している。

予約受け付け、問い合わせは川南町役場総合政策課TEL0983(27)8002。

【写真】川南町若者連絡協議会が作ったリストバンド


a0027061_234367.jpg


長ったらしいので途中で読むのが嫌になる人が多いと思います。
まず、川南町役場に連絡し、総合政策課商工観光情報係の担当者から許可を得ていること。
電話で直接問い合わせると役場が対応できなくなる恐れがあること。
などの状況を説明しているため結果的に長文となってしまいました(まとめ能力の欠如です)。
ただ、申込用紙がDL可、問い合わせ用のメールアドレスも画像に記載されています。
主旨をご理解頂けた場合、できれば集客力の強いブログ等で拡散して頂けませんでしょうか?
こんな過疎ブログで紹介してもすげー意味ねーんですわ、人少ないから。

そういうわけで、少しだけ時間を割いて最後までお読み頂きたいとお願い申し上げます。



イカリングな感じだったらちょっと萎えるなーと思っていたら、これは普通にカジュアルアクセサリーとして身につけたい感じ、特にこれからの季節。
私愛用の腕時計は小ぶりでシンプル、フェイス部分まですべてシルバー(長針短針秒針数字は全部黒)という地味なヤツなので、そこに重ねて引っかけるといいアクセントになるかな、と。
守護梵字の「カーン」(コピペは無リポ)が渋い。
酉年という意味はよくわかりませんが(普通Ωくらいしか知らないよな)、カーンは不動明王アカラナーチャを表しており、日本では悪霊退散・除災招福の本尊として知られているという解説を多数発見しましたが、動物の魂を供養するという意味もあるようです(川南町若者連絡協議会が作成したと思しきファックスの図柄説明を見ますと)。
んで、記事に連絡先が書いてあるのはよろしいのですが、電話…だと…?
今日本で一番忙しいであろう(そして都市部と違い人手も足りないであろう)役場に電話?
すごく、すごく悩んだ末、昼前という時間帯から「多分、少しは時間を割いて頂けるはず」と迷いながら決心し電話をしてみました(電話代が凄いことになりそうなのもかなり躊躇いに)。
電話に出て対応してくださった女性はMさん。
購入方法を尋ねたところ、2個から注文受付、料金は振込で前払い(ゆうちょ口座への振込可)、発送は郵送で、送料は代金に含まれている(つまり2個注文だと1000円、3個注文だと1500円、500円×何個が送料込みの代金)、そして肝心の注文方法は、問い合わせするとファックスで注文用紙が送られてきて、その用紙に個数や発注者・届け先住所などを書き込みまたファックスで送る、という受付作業だけでパンクしちゃうじゃねぇか!という方法。
実際、<件名:「MOVEバンド」販売に関するチラシの送付について>と記された発信表込みで計4枚のファックスが送られてきたが、注文したいんですけど?という問い合わせの対応として手間かかり過ぎだろうっていう。
メールでの問い合わせも可能なんだが、どっちにせよネット上ではまだ申込用紙がDLできる場所がなさそうだ。
いろいろ取扱い先を探しているようで、商工会でも…と説明を受けたが、「宮崎 商工会 リストバンド」でググったら見つかんないの。
しかし、せっかく注文用紙一式を送って頂いたのだからそのままうpできないだろうか?
ここで注文用紙の画像うpして原寸プリントできるならそっちのほうが早いかも…と思ったものの、でもやっぱり勝手にやっていたずら電話・ファックスなどが大量送付されたりしたらものすごく迷惑をかけることになる…再度の問い合わせはやはり迷惑だし…とカラッポの頭をループさせながら悩んでいました…が、ご迷惑でも確認を取り可否を問うべきだ、こういう場合は自己判断してはいけない、と決意して、大変迷惑なことに本日も再度川南町役場総合政策課に電話をかけさせて頂き簡単な主旨の説明をしました。
同じ女性かなと思ったら、昨日の電話を覚えていらしたので今日Mさんという方だと知る。
Mさんは即答できかねるらしく(当たり前だ)折り返し、という話になりそうだったのだがそこで他の電話で通話中だった担当Nさんが切電したらしく、Nさんにチェンジ。
主旨と意図を説明したところ、しばし悩まれたNさんからOKを頂いたので(もちろん私の住所氏名ブログ名などすべて伝えている)、これ以上お手を煩わせることのないよう早速うpさせて頂くことにしました。
実は最初Nさんの返答をNGだと勘違いした。
とても遠慮がちに、申し訳なさそうに「出来ればご協力頂けましたら…」みたいなご返答だったので、言葉の意味を咀嚼する前にてっきりお断りの言葉かと思ってしまったのだ。
現場の方々のご迷惑になるならもちろん記事の紹介だけに留めるけれど、「受注だけでご負担になると思うので微力ながら支援と拡散に協力させて頂けませんか?」と現場どころか牧畜の「ぼ」の字も知らない東京モンが勝手を申し出ているのにOK出す現場の側の人がなぜそんな申し訳なさそうに…。
むしろ2日も役場に電話して貴重な時間を割かせてしまった私が申し訳なくて謝るケースだ。
(もちろん平に謝りながら購入させて頂きます、全国の人が応援していますと拙く伝え…ました)
まぁ…何にせよ掲載許可は頂けたので、何某か支援したい方やこの牛豚(モーブー)バンドに興味を持たれた方は画像をまずよくご覧になって(開くとデカイので潰れてるとこも何とか読めると思います)、注文されることを決めた方はA4原寸サイズで印刷してファックス送付という方法のほか、画像DLしてメールに添付して送るなど、受注される川南町役場の方々に負担の少ない形でごくごく個人的な支援を致しましょう!
ふるさと基金とかいうのも普段そう利用されるものではなかったせいか、捌く人手が足りなかったと聞きましたし、支援を受ける現場の方々の負担はできるだけ減らしたいものです。
(それなのに電話でいろいろ聞いていた私バカ)
牛豚(モーブー)バンド、追加制作5万個くらいまで支援が集まるといいなぁと夢は大きく。
とりあえず私は2個注文して…1個は「遅れたけど母の日のプレゼント」と言って母に渡すか、友達で「可愛いね!」と素直に喜んでくれそうな子に渡すか、どちらかにします。

1ページ目 送信票
a0027061_0214933.jpg
2ページ目 申込方法詳細
a0027061_12563121.jpg
3ページ目 申込用紙
a0027061_12565353.jpg
4ページ目 制作の意識と意匠
a0027061_125717100.jpg

ちなみに担当Nさんのご氏名は漢字でしっかり確認させて頂いたものの、「下の名前はちょっと…」とさすがに抵抗感を示され掲載は避けて頂きたいということでしたので、下の名前のみぼかしの修正を入れました。

◇追記◇
ちょー恥ズイことに、川南町若者連絡協議会のブログがすでにMOVEバンドの申込方法とPDFファイルをうpしていました…(時差が4時間も)。
そちらを参照してください。
すっごい無駄なことしちまったな…もう私ごとき何をしても迷惑にしかならんから何もせぇへん。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-06-17 21:04 | 今日のニュース・雑考
<< 解散so選挙 資源小国ニッポンの豊かな恵み >>