辞める時はうんこ流す
さんざん辞めろって言ってたのに辞めたら辞めたで文句かよwwww


複数のまとめサイトで見たな。
抽出レスの中にもあったしコメント欄にも。

自分が辞めろと言ったことはあるかな?と考えたけど、言ったかもね、怒髪天だから。
でも辞めて頂くという解決方法について基本的に否定派だったと思う。
辞めて何が解決するわけでなし、むしろここまでやらかして作らんでもいい莫大な負債を作った以上、引責辞任なんて責任を取ったことにならない、いや責任放棄の卑劣な逃亡手段にしか過ぎないのだから、誰が後始末すんだこのクソ野郎!とさらに怒髪天を突くというもの。
そもそも与党を辞退して頂きたかったのだが自民党が大幅に議席を減らした分も含めて300議席も獲得してしまったのだから民主主義に基づく正当な選挙の結果を受け入れないわけには行かない。
腐っても民主主義国家の国民として、正当な有権者として選挙の結果は受け入れる。
どこで間違えたかと言えば民主党が与党になった時点で間違えていたのだが、そーいう決まり、法律なんだからしょーがない。
例えば与党の2トップが巨額の脱税をしようと違法な政治資金集めをしようと「だったら自分も」と法を犯してしまえば犯罪者を糾弾する資格がなくなってしまうのだから。
なんか、ずいぶん前(しかし8ヵ月くらい前)に「麻生さんに頭下げて教えて貰え!」みたいなこと書いた気がするんだけど、お粗末農水相@週刊文春も自分が無知なら無知で誰かに相談するなり教えて貰うなりすればよかったと思うんだなー。
自分が知らないことを人に聞くのは恥ずかしい、なんて政治家として間違いすぎている。
ましてや知らないことを指摘されると恥をかかされた気分になるから知っているふりをゴリ押しして国家、及び国民に甚大な被害をもたらす政治家なんぞ何も知らないから誰かに聞く政治家よりはるかに罪深い、というかそんな奴は政治家になる資格がないと思うんだ。

無知ゆえにアホ発言連発していた杉村太蔵(どこから出馬するのか決まったのだろうか)のほうがちゃんと上の人に叱られてしょぼくれてた分まだ見込みがあった。
進次郎だって親父があの純一郎とは言え本人はただの一年生議員、まだ与えられた役割をこなすことしか求められていない駒だし自身でもそれを弁えているように見受けられる。
知らないことを人に聞くことができない人間、それが国家を運営するという重責を担う人間であるならば、分を弁えていないにも程がある。
つまんないプライドを守るために国民どれだけ殺していいんですかという話。
麻生元総理はカップラーメンの値段を知らない、漢字が読めない、など国民的笑い者にされていたけれど、世界大不況の中でその国民の生活を守るという所信表明そのまんま禿げ上がるほど粉骨砕身働きアンチ自民の野党にさんざん邪魔されながらも景気回復政策をどんどん施行して行き一応一番底を打ったのですよ(底を打つのは1回だけではないと知らなかった国民にお灸されちゃいましたが)。
「こいつは臭ぇーっ!プンプン匂うぜ!うんこ臭ぇー!」レベルの言いがかりで恥かいて笑い者になることなんか気にしてる場合じゃないのに「マスコミ対策しなかったのが悪い」と批判されてしまうあたりも気の毒。
「私は特におカネに困るということもありませんでしたがー、結婚は遅かった。43の新郎です。人それぞれだと思いますがー、おカネはあったほうが(生活安定要素として)そりゃあいいでしょうww」(一同笑)が「カネのない奴は結婚するな」に変換されるような状態でどんなマスコミ対策を講じればいいのかと。

ともあれ与党民主党。
自民党議員の話は聞かないという反自民がアイデンティティな政党(そんなのが与党)だったら官僚に聞くのが一番の好手。
いろいろ悪く言われていますが彼らは非常に有能な頭脳集団です。
有能すぎて政治家が言いなりになってしまう、それをいいことに官僚が好き放題自分たちの利益をガッツリせしめてしまう状態を多分「官僚主導」というのであって、有能な官僚を上手く使わない政治家、また有能な官僚の動きを封じてしまう政治家は無能としか言えない。
仇敵(与党と野党ってそういう絶対的な敵対関係なんだろうか?)に知恵を借りたくないならないで、仇敵の政治家さんたちがいろんな政策を作る際に手足となって働いていた有能な頭脳集団をそのまま使えばよかったんじゃないかと今さらではなく前々から思っていましたが、与党批判ばかりで政治のイロハも知らない政治家さんたちが官僚を封じ込めて本当に自力だけでなんとかしようなんて…浦安ネズミーランドのハニーチョロスよりも甘い!(吐き気を催すほど激甘のチュロス…あのネズミ王国の食い物って全体的に大味すぎないかと思ったネズミ王国苦手な人)
要するに知らないなら知ってる人に聞いてなんとか努力してくれと、そういう気分でいたわけ。
いやそんなん期待しても無駄だと言われる前に返す言葉もないけれど、その時その時の最善策(モア・ベターな策)として諦めるわけには行かなかったというか。
あれだけ国民から笑い者にされ凄絶なバッシングを受けた結果の戦犯という立場を受け入れた麻生さんが全然諦めていない、まだ国民を信じているんだから、その麻生さんを支持する私が諦めたり信じるのやめたらダメだと思うんだな。
あくまで個人的な「思い」だから麻生さん自身の意思とは関係ないけど。
自分の人生はもうどっかに棄ててきてしまったけれど、主権者として最大の権利がまだ与えられているうちは1億2千万の国民を抱え、ド貧弱な文系脳では数字が思いつかないほど数多のご先祖さまがここまで命を繋いでくださった祖国を棄ててしまったらダメかなと。

まあ、だから辞任には当然怒ってる。
うんこしたのに流さないでトイレ出て行っちゃうような行為はどうなんだと。
しかも与党の人がみんなうんこして流さないから詰まったトイレを誰が修理するんだっていう。
党内で手分けして全国の農家を回ってなんとか買い取って貰えと。
その銭で詰まったトイレも綺麗に掃除して修理してから辞めてくれないかとそういうこと。
例えが汚い上にもしかしてトイレって日本のことか?と軽くブルーになったがそこに神さまがいるなら確かに日本だという気も…しませんか、ごめんなさい。
タイトルにしてみたらいい具合にクソまみれな感じのエントリーになったよ!

ほんとにそろそろ人生が終わってもいいんじゃないかと考えてる時に何を書いているんだと…セルフツッコミ。
人として終わるともはやケジメのつけようがなくなるんだよなぁと実感するとなるほどこれがルーピー状態かとも。


人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-06-05 23:59 | 今日のニュース・雑考
<< 無政府状態 【赤松口蹄疫】本日の朝日新聞朝... >>