社民離脱
首相、福島消費者相を罷免 社民は政権離脱検討
2010/05/28 20:29 【共同通信】


鳩山由紀夫首相は28日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり社民党党首の福島瑞穂消費者行政担当相を罷免した。官邸で開いた臨時閣議で決定した。名護市辺野古に移設するとした日米共同声明を受け、首相は基本政策閣僚委員会で政府方針の閣議決定案への署名を求めたが、福島氏が拒否した。社民党は連立政権離脱の方向で検討に入った。

首相としては、政府方針に反対する福島氏を閣内に抱えていては今後の対米交渉や地元との協議に支障をきたし、閣内不一致の批判は免れないと判断した。

だが「県外移設」を公言しながら実現できなかった上、閣僚を罷免する事態となり、首相の責任が問われるのは必至。社民党との連立が解消されれば、夏の参院選への影響は大きく、進退問題に発展する可能性もある。

鳩山内閣での閣僚辞任は今年1月の藤井裕久財務相(当時)に続き2人目。罷免は2005年8月、小泉内閣で郵政解散・総選挙に反対した島村宜伸農相(同)以来。

首相は社民党に配慮し、署名が不要な「首相発言」として政府方針を示す案も模索したが、日米共同声明の実行のためには、内閣の意思を明確にする必要があるとして署名を求めた。



あっという間(夕食と入浴で退席中の間)の罷免決定+連立離脱検討か。
いちおう腐っても通信社、新聞社とは一線を画しておきたいんだろうなと思わせますね。
ただ、「県外移設」も大きな目玉として選挙戦を勝ち抜いて政権を掴んだ民主党がつい最近まで「県外ならどこでもいい!どっか探せ!そだ?徳之島近いし田舎だからいいんじゃね?」状態だったのに、最初から「県外しかありえない、つーか米軍失せろ、自衛隊も違憲だ解体」という社民党と連立組んで、8ヵ月もグーグルマップで県外の移設先を探して無駄な時間を費やした挙句360度旋回して現行案に戻ったわけですよね。
そんな「民主の改良案てことにして現行案に戻そう」という決着に納得行くはずもない社民の連立離脱を認めるっつーのはどう考えても民主党の責任が問われるとこなんで責任の所在をぼかす書き方は頂けない。
民主党の無茶苦茶な「最低でも県外」案にずいぶん協力的だった社民カワイソス。
てゆーか、社民党と国民新党を抱き込んだ理由は過半数独占+郵政票欲しさだったのでは。
郵政票は確保できたかもしれんが(いつの間に郵政改革法案の強行採決やらかしたんだよ)、社民キライっていうだけで社民切りに納得してくれる物わかりのいい有権者だけ、とは必ずしも限らないわけで、事実、社民党なんか絶滅危惧種として保護する必要なんかない!あいつら害悪でしかないんだから絶滅させろ!と言っていた私も連立政権崩壊を期待して福島さんのイケイケ発言が飛びだすたび「よっしゃ瑞穂行けぇー!空気なんか読まずにガンガン行っちゃえ!」と応援していましたしねー。
票目当てに適当に「県外移設」なんてブチ上げて沖縄県民に多大な迷惑をかけた党の連中が、もともと少数派であったガチ県外派を「現実的に県外なんて無理なんだからこれで納得しようよ。しないの?だったら出て行って」というのは政治倫理的に問題がありすぎる気がするんだけどなー。

もしや、堅牢な組織票に定評のある、あのカルト政党と組む本格的な動きに出るのだろうか。
それなら過半数どころか3分の2以上もぶっちぎりで獲得できるもんね。
しかしあの政党の皮をかぶったカルト宗教団体、10割が外国人参政権賛成派(自公連立の時は自民の9割の反対派が頑なに認めなかったから実現性は極めて薄かったのだが)。
あの宗教団体と民主党が連立組んだら亀の爺さんなんぞもう用無し…そっちのほうがYABAI★

誰かあの世論調査を徹底無視する爺さんにチクってこいよー。
逆行郵政改革したいなら鈍足でやらないと郵政票全部取られてお前用済み失脚ポイだよって。
民公連立、それだけは絶対に嫌!と思っても、結果は民意に任されるから何ともかんとも。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-05-28 21:03 | 今日のニュース・雑考
<< わかりやすい福島瑞穂罷免の流れ 「福島さん、おかしいですよ!」... >>