「福島さん、おかしいですよ!」←福島さんは平常運転です
福島氏の罷免不可避に 普天間、署名拒否・辞任否定で
2010年5月28日15時0分 asahi.com


鳩山由紀夫首相は28日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関する政府方針について、臨時閣議を開いて全閣僚の署名を得て決定する方針を固めた。ただ、社民党党首の福島瑞穂・消費者担当相は同日、署名拒否に加え、自発的辞任も否定したため、閣僚罷免は不可避の情勢となった。

福島氏は同日、移設先を辺野古周辺と明記した日米共同声明について「辺野古の海を埋め立てるのは自然への冒涜(ぼうとく)だ」と指摘。閣議で署名を求められた場合の対応については、「共同声明に辺野古が盛り込まれれば署名しないと常任幹事会で決めており、それは社民党の方針だ」と語り、拒否の姿勢を崩さなかった。

さらに、自ら閣僚を辞任するかどうかについては「まったく考えていない」と否定。社民党の連立離脱については「30日に全国幹事長会議を開き、みんなでしっかり議論して話し合っていきたい」とだけ述べた。

こうした福島氏の姿勢について、北沢俊美防衛相は28日の記者会見で「署名拒否は首相に対する不信の表れになるので、その前に自らの立場を明らかにするのが政治家であれば当然のこと」と語り、自発的な閣僚辞任を求めた。岡田克也外相も同日、「安全保障のような重要課題で意見が分かれるのであれば、政治家としての決断がまずあるべきだ」と指摘した。

首相側は、閣議で閣僚署名の必要のない「首相発言」で福島氏との妥協を模索してきた。だが、民主党内から「首相発言では有権者から見透かされ、選挙には大きなマイナス」(党幹部)との批判が噴出している。

平野博文官房長官は同日の会見で「社民党の同意が得られなくても28日中に対処方針を決定する」と表明。鳩山首相も同日、記者団に「今日中に結論を示す」と語った。

参院選に向けて、連立3党の選挙協力を重視していた輿石東参院議員会長も同日、「国民に首相ご自身が説明をされると思うので、そのことを冷静に見守っていきたい」と語り、首相の判断を尊重する姿勢に転じた。

首相側は同日昼過ぎから臨時閣議を設定していたが、社民党や国民新党が延期するよう要請。臨時閣議と首相の記者会見は同日夕方以降に先送りされることになった。

一方、社民党は同日昼過ぎ国会内で両院議員懇談会を開催。福島氏の署名拒否方針をめぐって改めて協議したが、福島氏は会合後、記者団に「考えは変わっていない」と語った。



夕刊一面記事に驚いてエイプリルフールかと。
ちなみにいくら瑞穂さんだってカテジナさんほどおかしくない(一応お断り)。

瑞穂さんのダメなところは今さら列挙することもないんだけど、今回の連立政権でダメだったところは「己の信念を理解して貰うための努力を怠りながら、決してその信念を曲げず、軟着陸に応じようとしなかったこと」ではないかと思う。
しかしながらそれは瑞穂さんのデフォスタイルなので、本気で県外移設する気なんかサラサラなかった民主党(県外移設を掲げて政権取ったくせに「トラスト・ミー(私を信じて)」なんて米国大統領に大見栄を切り、米政府の発言の捏造を繰り返し、思いつきの移転先探索だらけで8ヵ月も迷走した末「やっぱり辺野古でお願いします、自民案だからみんな反対してたけど、民主案なら賛成してくれるはずです」なんて言う党が本気で県外移設を検討していたわけがない)が声をかけたんだか申し出に応じたんだか知らないけど「信念を曲げて(膝を屈して)のソフトランディングなんか言語道断」という社民党@瑞穂さんを連立政権に加えてしまったことが責められるべきなんじゃないかなぁと。
個人的には鳩山総理が日米の信頼関係に大きくヒビを入れた基地問題の責任の所在は瑞穂さんに非ず(だってあれ単なるデフォ瑞穂だし)、連立に加えた一種の任命責任(?)として民主党にあると考えます。
瑞穂さんはホントに県外移設が実現できると信じて連立与党の末席に加わったんじゃないの?
真剣であること自体は政治家としての美点に違いないけれど、「いや無理っしょ」と判断した有権者が多かったから社民党なんて共産党以下の末席だったわけだし、有権者が「無理っしょ」と判断した政党を連立与党に迎えたこと自体民意を汲み取ってない証左ではないかなぁと。
瑞穂さんも大臣になってしまったから本気で目的達成への道に邁進しちゃったんだろうなあ。
瑞穂さんの政治能力に対する評価は全然変わってないけれど、瑞穂さんでも「現政権は何もかもがイージーシンキング」という致命的なダメさを早期に露呈する駒としての役目を期待できるなら応援する価値もあるもので。
事実、当初鳩山総理は4年間総理の座に居座ると言っていたのに(本当)多分もう世間が許しません状態になっていると思うし、後任にミラクルカーンを持ってきても世論は収まるのかなぁって感じだし(不況による閉塞感から抜け出せない限り誰が首相やっても政府への不満は増幅して行く)、もし地検特捜部が今回こそ圧力に負けず頑張ってクロ証拠を挙げれば民主党の実体が受けるダメージは言い訳できんものになるだろうし。
この朝日新聞の記事、基地問題騒動の戦犯は瑞穂!と懸命にアピールしているけれど、瑞穂さんを与党に入れなきゃ、あるいはもっと早い段階で罷免していればもうちょい早く「現行案以外の選択肢なし」「なんか変えたっぽい目眩ましで無難に現行案でまとめよう」という統一見解(コンセンサス)が民主党内では得られたのではないかと思うので、瑞穂さんを入れた民主がバカなのに生贄になった瑞穂さんカワイソス、という感想しか抱けませんね。

>「辺野古の海を埋め立てるのは自然への冒涜(ぼうとく)だ」

これ、最初に鳩が言った科白じゃなかったっけ??
それに批判している面々の中で「お前は言ってもいい」と思えるのはジャスコ外務相だけ…。
八ツ場ダムの件でこいつババひかされたなーと思った前田国交相はしょせん国内のローカル問題だっただけに八ツ場という言葉すらすっかり忘れ去られているような気もするけれど、さすがに世界最凶暴な同盟国相手に愚にもつかない政府の思いつき発案をせっせとお伝えしていた外相は、国内的にはともかく対外的に無能の烙印を押されたも同然。
(実際伝書鳩以上の働きしなかったんだからそういう烙印押されても仕方ないが)
ジャスコに対する政治能力の評価も全然変わってないけれど、無能政府のとばっちりを一身に引き受けさせられた境遇は同情に値します。
なんだろうね、最終的に「名前が違う現行案」に落ち着いたってことに与党閣僚の中で一番腹立ってる人じゃないかとすら思える。
責任取るべき人が責任を取らない、党内からも責任を問う声が聞こえないってあたりが全体主義に見えて不健全(党方針に異論を唱えて除名された土屋ナントカという議員さんがいたしねー)。
自民党なら世間体のためでも引責辞任させられる人がどんだけ出たのか。
国民が納得しないなら辞任させるしかない、ということも一応責任の取り方のひとつだから。

一旦うp

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-05-28 18:29 | 今日のニュース・雑考
<< 社民離脱 疑惑のあきひろ、疑惑の死 >>