【赤松口蹄疫】平時のみを想定した法はある意味欠陥法、ということ?
東国原英夫オフィシャルブログ そのまんま日記
2010-05-25
家伝法及びガイドライン


どうも、現行の法に忠実にということである。
種雄牛49頭については、国はPCR検査・抗体検査等はしてくれないであろう。何故なら、疑似患畜同一農場と見なされているからである。そもそも、飼養管理者が同一の場合、農場が離れていても他の農場の牛豚も全て疑似患畜とされること自体が些か疑問である。

民主党さんから口蹄疫特措法案が出されるらしい。恐らく、そういう認識の下であろう。

そもそも、先月27日には、事業団内で肥育牛と種牛とは完全に分断・遮断し、ヒト・モノ・車等の出入りも完全に別々にし、別農場として対応して来た。だから、未だもって、種牛49頭には臨床症状は見られない。
家畜改良事業団は、4月21日の時点で移動制限区域内に入り、家畜が動かせない中での苦肉の策であった。移動制限が掛かっていなければ直ぐにでも動かせた。

勿論、憲法上の財産権との整合性もあるのだろうが、家伝法では、口蹄疫に関して誰も「殺処分」の命令権を有しない。殺処分を命ずることができるのは、他の家畜伝染病である。「と殺」に関しては、口蹄疫の場合、その義務を負うのは家畜の所有者である。

「たられば」は無いかも知れないが、もし家伝法やガイドラインが、例えば、種牛に関してはPCRや抗体検査を十分にし、陰性と認められ、加えて清浄性の確保や受け入れ地の同意、受け入れ地の近隣に農場が無いこと等の要件を満たすことを条件として、移動を特例として認めていれば、今回の種雄牛の問題は無かった。
細かい法規定・特例規定が無かったので、結果、特別に国と協議しなければならなかった。それには一定の時間が掛かった。

新型インフルのときもそうであったが、空港や港で異常とも思われるくらい水際作戦を徹底したにも関わらず、ウィルスは国内に持ち込まれ、瞬く間に拡がった。
決して諦めている訳ではないが、ウィルスとの闘いとはそういうものである。困難を極めるのである。
家伝法に基づき、その防疫指針に則って、徹底した防疫対策を講じてもその蔓延が抑えられないことが、そのことを証明している。
防疫措置には定評のある畜産試験場や原種豚センターもそうであるが、必死で防疫対策を施したが、それでもウィルスには勝てなかった。
他に、家伝法の不備は、強制力や責任の所在及び補償等の問題である。また、自治法の法廷受託事務要件にまで遡及せざるを得ないことである。

勿論、今は、拡大防止に全力を挙げ、一刻も早く口蹄疫が撲滅できるよう全力を傾注すべきである。そんなことは百も承知している。
しかし、どうしても初動防疫やガイドラインの問題が話題の俎上に上る。
余り、法の所為ばかりにしても仕方ないが、法律は一体、何のために、誰のためにあるのか?
現行の法では、最早、個人や公の生命・財産は完全には守れないのか?

本日までの新たな確認は7例、殺処分対象は1,023頭。いずれも児湯地区。これまでの疑似患畜・患畜は200例、殺処分対象145,358頭。
ワクチン接種対象(結果殺処分)131,061頭。

農場(敷地)が隣接し、下手すると例え軒を並べていても、同じ敷地内でなく飼養管理者が別なら、別農場と見なされる。それもおかしな話だと思う。何度も言うが、家伝法や防疫対策ガイドラインは現実や実情に合わない場合が多々ある。



たらればを全部法に組み込むのはアレなんだが我が国でも大損害をもたらした前例が近年あったこと、そしてその前例が完全に解決できる状況に至ってるわけでもない状況なら特例でも法による補完は必要ではないかな、と思った。
沈静化の目途が経たない口蹄疫の爆発的被害拡大、東国原にしても大混乱の極みだろうが、口蹄疫に関するわりと正しい情報の全国向け周知活動としては東国原よく頑張っているのではないかと個人的感想。
てゆーか、東国原はTwitterで「これまで必死に一緒に頑張って来た農政水産部長が、遂に体調を崩し、長期療養となった」「過労・心労は尋常では無かったと推察する」「今は療養に専念して頂き、早く元気なって頂きたい」と報告しているのだが、東国原というか宮崎県民の味方がひとり倒れたということか?
東国原自身すごいやつれ方しているが、それでも「堪えてくれ!あんたが倒れたら宮崎県民の暮らしは、日本の畜産はどうなる!国があんたに責任おっ被せようと、口蹄疫は収まらないんだ!あんたが汚辱にまみれても、それでも口蹄疫を鎮静化させるほうを優先しなきゃいけない!…それはわかってるんだろう?わかっているから出口のない戦いを投げだすことなく身を粉にして頑張ってるんだろう?…あたしは何もできない、何もできないからこそ頼む!お願いだから堪えてくれ!」と鞭打たなければならんあたりが苦しい。
麻生政権末期に麻生さんに対して同じような思いを抱いてたことを思い出した。

a0027061_21235526.jpg
民主党馬淵議員(誰か知らないけど高速道路原則無料化賛成派の人だとか)

畜産破滅+経済損失甚大で国家存亡の危機と言ってもさして大袈裟ではない感染症の蔓延は「政争の具」レベルじゃないということを理解している民主党の議員さんはいないのでしょうか。
赤松農水相も「自民党議員の意見は聞かない」と仰るくらいなので(だから自民党がいち早く対策本部を設置しようと申し出た時に総理・農水相とも無視したのか)、宮崎県民が国に見捨てられたと怨嗟の声を上げるのは仕方ないというか水が上から下へ流れるくらい自然な話だと思います。
あと2000年の口蹄疫は当時の首相であった森元さんがその危険性(イギリスの前例を見ればどんだけ非常事態なのか森元さんでもわからないはずがない)から早急に陣頭指揮を取って国家対策として封じ込めと沈静化に全力を注いだお陰かと素人的には。
ただの挙動不審デブじゃ一国の総理大臣なんか務まらん。
あと「自民党政権なら封じ込められたはず」なんて仮想の領域で物言うのは意味ないですが、民主党政権が封じ込めに失敗したことは事実だからそこは国民にゴメンナサイしないと民主党にとっていいことは何もないと思います。





野次は聞き取れませんが、現場の代表意見として静かに傾聴する気もないのかな…。
民主党の人はあくまで「政争の具」という浅薄な見解なんでしょうか?口蹄疫問題について…。



【口蹄疫】ペットのヤギも感染の疑い 国内で初めて
2010.5.23 23:53 MSN産経ニュース


宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題で、県は23日夜、同県川南町の民家でペットとして飼われているヤギ1頭の感染疑いが確認されたと発表した。

ヤギの感染疑い例は国内で初めて。

口蹄疫は、ウシやヤギのほか、ブタやカモシカなど蹄(ひずめ)が二つに割れている動物である「偶蹄(ぐうてい)目」などが感染するとされる。



基本的に、偶蹄目はみんなヤバイ、空気感染するため家畜だけではなく野生の偶蹄目(昨今人里出没が問題視されているイノシシも入るのかな?)もヤバイ、ウイルスがえらくタフで生存期間が長いため、人の靴の裏や洋服にくっついたウイルスがお持ち帰りされた先で活動開始する可能性も十分ある、車にくっついてもフジテレビの取材陣にくっついても以下同文。
誰か赤松さんや民主党の議員さんに教えてあげればいいのに。
そうすれば「政争の具」どころの話ではないことだとご理解頂けるかもしれないのに。
ヤギに限らず偶蹄目のペット飼ってる人にとっては他人事とも思っていられないことだにょ。
世界各地でカエル全滅させてきたツボカビ病の日本進出もカエル飼っている人にとっては他人事ではなかったと思われるが、日本の偶蹄目全部感染の可能性ありだと生態系の破壊と経済的損失を計算したくないくらい嫌な話でけろ。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-05-27 19:37 | 今日のニュース・雑考
<< 疑惑のあきひろ、疑惑の死 南北朝の断絶 >>