【赤松口蹄疫】台湾から宮崎に義援金300万円送られる
【口蹄疫】台湾が宮崎県に義援金
2010.5.24 22:44 MSN産経ニュース


台湾の“大使館”に当たる台北駐日経済文化代表処は24日、口蹄(こうてい)疫被害が広がる宮崎県に義援金300万円を送った。東京都港区の交流協会東京本部で贈呈式が行われ、馮寄台駐日代表が宮崎県東京事務所の岡村巌所長に義援金の目録を手渡した。

贈呈式では馮代表が「台湾と日本は密接な関係にあり、台湾に被害があれば日本は最初に救援してくれる国。微力だが役立ててほしい」とあいさつした。

台湾と宮崎県は以前から深い交流があり、昨年8月、台湾南部が台風8号の被害に遭った際には同県が見舞金を送っている。今年1月には台北-宮崎間に定期航空便も就航している。



台湾は親日国家(気持ち的に)だという人がいて、そんな単純な話ではないという人もいる。
しかし(この状況下では)そんなのどっちでもいいじゃんと思わざるを得なかった。
14年もかけた交渉の末に三方合意の現行案で解決に至った普天間移設問題。
それが政権交代を機に突然ひっくり返され台湾は中国牽制路線に舵を切らざるを得なくなった。
ぶっちゃけ沖縄の米軍基地問題の行方如何でいちばん被害を被る恐れを抱くのは台湾ですし。
他国の防衛問題にまで影響を及ぼすほどひどいことした日本なのですが。
出口のない疫病と戦い続けている宮崎県民に対して「心を折るな」という力強いメッセージ。
政府に捨てられたと嘆く宮崎県民に対して「私たちはあなた方を見捨てない、支援する」というメッセージこそ何より「絶対に諦めるもんか」という心の支えになるのではないでしょうか。
感染症は国の管轄、国が民を捨て他に責任転嫁してるのは道義的に許してはいかんと思います。
酪農や畜産に限らず宮崎産購買運動で少しでも宮崎支援したいと思います!
と言いつつカネがない身としてはおカネ持ってる人に支援協力お願いするしかなくてトホホ。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-05-25 23:59 | 今日のニュース・雑考
<< 社民党福島瑞穂党首に「頑張れ」... 民主党に投票した人その後/口蹄... >>