沖縄の人は手厚く鳩のお迎えを
首相側近「県民反対でも強行」 辺野古くい打ち案明言
琉球新報 2010年5月1日


【東京】米軍普天間飛行場の返還問題で30日、鳩山由紀夫首相の秘書官の佐野忠克氏が喜納昌吉参院議員(民主)に、辺野古沿岸部へのくい打ち桟橋方式により、1800メートルの滑走路1本の代替施設を建設する案で政府が最終調整していると明かした。同日午前、首相との面会のため官邸を訪ねた喜納氏に、面会前に佐野氏が説明した。
喜納氏が「くい打ち桟橋方式を含む県内移設には多くの県民が反対しているのに強行するのか」とただしたのに対し、佐野氏は「自分の考え方だ」と前置きした上で「(反対しても)強行する。政権を守るためにはやるしかないと述べた。
一方、首相は喜納氏との面談で、くい打ち桟橋方式や徳之島案などの詳細について尋ねた喜納氏に対し「まだ決まっていない」と従来の姿勢を繰り返した。しかし同時に、くい打ち桟橋方式は実現不可能だと主張した喜納氏に対し首相は「本当に無理なのか」と疑問を示し、同案の実現可能性を探る姿勢を示した。
佐野氏は首相の政務担当秘書官で、普天間飛行場返還問題の実務担当者。4月の鳩山首相の訪米にも同行し、首相帰国後もスタインバーグ米国務副長官ら政府高官と交渉していた。
同日、平野博文官房長官は4日に首相が沖縄を訪問すると正式に発表した。
鳩山首相は同30夕、沖縄訪問について「現時点での政府の考え方を申し上げたい」と述べた。実質上、県内移設案の沖縄県側への打診とみられる。また政府案決定に向けた社民、国民新との調整について「擦り合わせをしながら政府の考え方を一つにまとめたい」と述べた。5月末決着については「米国と、沖縄と他の地域の皆さんに『よしこの方向で行こう』との合意がなされる時が決着だ」と述べた。
首相の来県は就任後初で日帰り。仲井真弘多知事や高嶺善伸県議会議長、稲嶺進名護市長とそれぞれ会談するほか、翁長雄志那覇市長や伊波洋一宜野湾市長ら基地所在市町村長らとも意見を交わす。普天間飛行場周辺の住民との対話集会も予定している。

a0027061_1274663.jpg
琉球新報って反日機関紙でしたっけ?沖縄タイムスと同類??
沖縄の世論を左右する反日サヨク新聞にこんなこと書かれたら立つ瀬がないよ民主党。
私は反米厨の中でも特に反米右翼が大っ嫌いで代表格っぽい小林よしのりが主張するような沖縄一方的被害者論にはぜーんぜん同意できない。
沖縄が全体主義で異議を唱えられない閉鎖社会だとしても、それは沖縄の問題、辺境のムラ社会のワガママのために日本の安全保障が揺るがされちゃたまんないよ。
つか基地以前に沖縄自体が自治体としておかしいという問題だよね、それって。
しかし、いくらなんでも軍事施設を作るのに地元の合意なしで強行って常識的にあり得な杉。
しかも、それが政権維持のためと総理大臣の秘書官が公言しちゃうのってアタマおかしすぎる。
個人的な感情を抜きにすれば、政権政党にとって政権維持が重要な目的ではあることは確か。
総理の任期4年としても何かを成し遂げるには短すぎるんじゃないかと思う。
(悪くするのは口先だけであっという間に達成できるという歴史の貴重な証明は今まさに)
個人的な感情も交えると、麻生政権が続いていればこの無為にして禍根しか残さなかった8ヶ月間は存在しなかったと断言できるので、衆院選の際、麻生政権の政権維持は私の悲願だった。
麻生さんがしたかったことは任期1回では到底為し得ることができないことだったしね。
特ア抜き、米国抜きのユーラシア経済圏構想、日本以外ではウケそうなので総理3回くらいやれば枠組みだけでも作れるんじゃないかと思ったから政権維持を願っていました。
しかしねぇ、どうせ米国に「地元の合意が得られてないだろ!人の話聞いてなかったのか!」と却下されること間違いなし、日本の安全保障にも(今以上に)著しく損害を与える誰得の案を強行する理由が「政権を守りたい」ってなんなんだよ。
せめて「国民を守りたい」と言えば相変わらず頓珍漢な、と突っ込まれるだけで済むのに。
この秘書官、やけに詳細なプロフィールといい、多分人柱決定なんだろうね。

◇追記◇
誤解のないよう書いときますが、私もメリケン嫌いだとずーっと前から言ってます。
ただ、メリケンと手を切ろうとかバカなこと考えないだけです。
アメリカの言いなりはもう沢山だ!と言うならメリケンと同盟関係にあることを利用して国力を蓄え日本の発言力を強くして行くべきじゃないでしょうかね。
真の保守とか言ってる奴に限って日本は日本人が守る!米軍出て行け!とか阿呆なんだから。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-05-02 02:11 | 今日のニュース・雑考
<< 感染列島パンデミック 麻生タンが民主の代わりに外交してます >>