麻生タンが民主の代わりに外交してます
ガンガン言うぞ!麻生前首相「結果招いた責任自分で取るべき」
スポニチ  [ 2010年05月01日 10:30 ]


訪米中の麻生太郎前首相は4月30日、鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題を5月までに決着できなかった場合「結果を招いた責任を自分で取るべきだ」と述べ、辞任するべきだとの考えを示した。ワシントンで記者団の質問に答えた。

麻生氏は「鳩山内閣は普天間問題の意味がよく分かっておらず、結果として日米間に不必要な摩擦が起きている」と指摘、米側も同様の認識だとした。麻生氏は米国滞在中、シンクタンクでの会合に出席したほか、ラムズフェルド前国防長官と会談した。



進次郎氏が初訪米「有意義なものに」
日刊スポーツ [2010年4月29日8時20分 紙面から]


自民党の小泉進次郎衆院議員が29日から5月3日まで、超党派国会議員訪米団の一員に抜てきされ、麻生太郎前首相ら先輩議員と米ワシントンを訪れる。基地を抱える神奈川県横須賀市が地元で安全保障政策がライフワーク。普天間飛行場移設問題で流動化する日米関係などについて米政府と意見交換する。コロンビア大大学院留学後、ワシントンの戦略国際問題研究所(CSIS)に勤務経験があり、約3年ぶりの同地訪問。今回は議員として“凱旋(がいせん)”訪問で現地2泊の強行軍だが「議員として初の出張。有意義なものにしたい」と話している。

a0027061_21403581.jpg
スポニチの見出しはいかにもスポーツ新聞らしくて味がありますね。
毎日の写真はどこにもスポットを当てたくないかのような写真ですが、モリリンがいい味杉。


今まで「野党の仕事は与党批判ではない」と折に触れ言い続けてきましたが、やはり野党も政権政党を目指す以上は与党並みの実務能力を持ち合わせていなければいけない、という私の主張がこういう形で具現化したことは何と申しましょうか。
この期に及んで「金持ちボンボンが税金で贅沢旅行か」「小泉の息子」(だから何が悪いんだといつも突っ込みたい)などと麻生批判・進次郎批判してる連中はルーピーな有権者(?)ですが、特アや米国に限らず日本と国交がある国はいっぱいありますから、台湾が核ミサイルの開発再開発表する前にも麻生さん台湾に行きましたしね、当然ながら意思疎通可能で、きちんと交渉能力のある人材が求められているんですよ。
会談内容を捏造して発表するような政治家と同じテーブルにつけないのは当然ッスから。
5月4日に鳩が沖縄に赴くそうですが(米軍も市長も安全を保障しきれないと反対するほどの自殺行為)、沖縄の責任ある立場の人は絶対会わないほうがよろしいかと。
まぁ、会談なんかしなくても沖縄に行っただけで「住民の方々から是非頑張って欲しいと激励を頂いた」と言い出しそうなので、打つ手がないっつーかつける薬がないルーピーですけどね。

最近、「ルーピーってなんのために存在しているんだろう…」と哲学みたいだけど素朴な疑問がふと頭をよぎってしまうのだが疲れているのだろうか。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-05-01 22:22 | 今日のニュース・雑考
<< 沖縄の人は手厚く鳩のお迎えを シー・シェパード代表に逮捕状/... >>