せめて人間らしく
おはこんばんちわ。
4月に入ってからいきなり忙しい日々をずっと送っています。
今はやっとひと段落ついて、完徹、一晩休み、完徹、一晩休み(合間に病院と歯科医院に通院)の過酷な生活から解放されたというところでしょうか。
引越しのような大掛かりな模様替えで北側のひと部屋を完全に書庫化(書斎化ではなく書庫化)してしまったので、書籍管理のほぼ全権を任されている私は本棚を移動させたり新しい本棚を組み立てたりと派手な作業をした父と交代で地味に根詰め作業に没頭していたのです。
まだ北側の部屋は冷えますし(冷暖房器具なし)、寝食忘れてたらさすがに貧血気味に。
書籍類は大体片付いたので、今度は私の衣料品の整理に手をつけます。
なんと書庫は私の衣料品が置いてある部屋(つまりもともと私の部屋)に作られたので、整理整頓、そして適切な処分をしないと私が困ってしまうんですよ。
悪夢の激太りから緩やかに痩せて元の形態に戻りつつある今、体重(体型)の変動って本当に不経済だなぁとトホホな気持ちを実感しています。
1年くらい前に買ったボーイズデニムが腰どころか膝穿きになっちゃうほど緩くなってしまって「気に入っていたのにどうしよう」と悩んでいたら、さらにもう少し前に買ったユニクロのストレートデニムが腰穿きのボーイズデニムに変身していたので結果オーライだった、みたいなこともありますけど(でも腰穿きって基本的にキライだ)。
とりあえず太っても入らなくなった服は流行りが廃れて着られなくなるまで捨てずに取っておくほうがよかと思います。
アロハは流行気にせずいつでも着られるのでいいよね。

んで、4月に入った途端そんな感じで家の中が引越し状態に様変わりしたためにすっかり失念していたのですが、愛猫が無事14回目の誕生日を迎えました。
4月のアタマに生まれた人って多忙の中で誕生日忘れられているのかもしれないね…。
病気らしい病気もせず至って元気そうですが、やはり老いによって運動能力や運動神経、体力や持久力が衰えていることは一目瞭然ですし、人間のお年寄りと同じく目や耳や鼻などの感覚も衰えボケ状態・寝たきり状態になる猫もいるそうなので、飼い主として、できるだけ本人に負担がかからないよう健康で快適な生活を送らせてあげたいと思います。
ほとんど思いつきに近い動機で飼ったわりにはちゃんとしっかり面倒見てる自分に今さら結構驚きますが、これが「乗り合わせた船」ってやつでしょうかね?
責任感がないわけでもないけど一度家族として迎えてしまった猫をどうしろったってどうしようもないし、面倒見る以外の選択肢はないし。
人間の赤ちゃんに対して一般的なお母さんがどういう感情を抱くのか知らないけど私の母は似たような感じだったそうだ(産んだら育てるしかあるまいとゆう感じ)。
そういうのを世間は無責任だと批判するが、そういう動物的な感覚って私はわりと好きだ。
先日たまたまNHKの「ダーウィンが来た!」でキンメダイ(の群れ)の目が一斉に発光して敵(捕食者)をかく乱する映像を見たのですが、泣けるほど綺麗な映像でした。
ああやってかく乱する目的はその群れの中の個体すべてが生き残るためではなく、いくらかは捕食されても生き残った個体が種を残すことにあるとキンメダイは本能で知っています(多分)。
誰が食われて命を落としたところでキンメダイという種が生き残ることを知っているから自分の命惜しさに逃走する個体よりも生き残る術であるかく乱行動に参加する個体のほうが多く、結果としてキンメダイは日本のちょっとした食卓に欠かせない日常の魚として栄えているのでしょう。
個体の生命欲を種としての本能が凌駕している。
だから私の目には「生命の美しさ」の縮図に見えたのかもしれません。
種としての本能に抗うでもなく、また流されるでもなく生きる姿に大いに感銘を受けました。
要するにうちの猫にしても「こまけーこたぁイインダヨ」って感じでお互い気楽に寄り添って行きたいと思うわけです説明ウザかったすみません。
でも猫は不思議です。
なんで理解してもらえないんだろうと両親と大喧嘩(※争点は重要なことなので別に書きます)したあと北側の部屋に籠もり切っていたら、猫だけが私の気持ちを読んじゃったんですよ。
話しかけてすらいないしずっと失念していたのになんで私の気持ちを読み取れるのか。
言語によるコミュニケーションが不可能な猫だけが気持ちをわかってくれるということは、私はよほど人間的なコミュニケーションが不得手ということなんでしょうか。
いや、両親以外の人間とは生身のコミュニケーションにおいて困ることもあまりないし、苦労や苦痛や徒労感もあまり感じない(むしろコミュニケーションこそ事態好転の武器である)。
つまり、家庭人としてダメなんですね、きっと。
私は人間、お前は猫、違う生き物だけど一緒に生きて行こうな、と愛猫に語りかけた4月です。

タイトル迷ったけどエヴァのテレビシリーズのビデオが全巻出てきた記念に。
いまだにエヴァ缶を飾っている阿呆ですから偽らずに中二病健在を伝えていいんじゃないかと。


※(1)大喧嘩の争点は「納税と選挙権の関係」である。
※(2)後日たまたまクイズ番組を見ていて判明したが、両親は自由民権運動をよく知らず、「板垣死すとも自由は死なず」以外に思いつくことがないそうだ(私より頭いいのになんでだ)。
開国以降の流れについて私も相当に不見識だが「選挙権の行使は国民の権利と義務である」と当然のように思っているなら(そういう両親だから私も昔っから棄権という白紙委任を快く思ってないわけなんだが)日本人がその選挙権をどうやって獲得したかくらいは大まかでも知っておくべきではないかと思った。

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-04-09 22:57 | 今日のニュース・雑考
<< 【ルーピーズ】ガイジンはたまに... 3月決算(文庫コミック) >>