北朝鮮できのこ雲…?え?え?(ポカーン)
北朝鮮で9日に大爆発 きのこ雲と韓国通信社 [09月12日17時01分] 共同通信

【ソウル12日共同】
韓国の通信社、聯合ニュースは12日、北京の消息筋の話として、中朝国境に近い北朝鮮北部の両江道金亨稷郡で9日、大規模な爆発があったと報じた。同ニュースは現場で直径3・5-4キロのきのこ雲が観測され、4月に平安北道・竜川駅で起きた列車爆発事故より大規模だとしており、核実験やミサイル爆発との見方も浮上。韓国政府や米当局者は核爆発や核実験の可能性に否定的だが、原因は不明で、日本含め関係各国が情報収集を急いでいる。
9日は北朝鮮の建国56周年の記念日。国威発揚としての核実験のほか、軍事施設やミサイルの爆発など、さまざまな見方が出ている。
聯合ニュースによると、爆発は9日午前11時ごろ発生、爆発跡が人工衛星にも捕捉されたという。現場近くにミサイル発射施設があるとの情報もある。

 (以上エキサイトニュースより転載)

ちょっと待て…なんだこのニュース?
きのこ雲が出来るのって原水爆だけでしょ…?違うの?
かなりガクブルのニュースなんですが…
国内メディアが韓国のウラン濃縮実験・プルトニウム抽出実験について「見ないふり~」でスルーしている事は周知の事実ですが、これもスルーする気ですか?
いや北朝鮮が相手ならしないかもしれないけれど…。
無駄かもしれないけれど言う。左翼の方々、韓国に断固抗議しなさいよ!
ヒロシマの悲劇を掲げ、核兵器の廃絶を願っているんじゃなかったんですか?
マスメディアもこういう時こそ報道の義務を果たすべきではありませんか!
それとも何ですか? やはり反日・反米というスタンスでしか物を言えないわけですか?
核の話になると、必ず「広島・長崎の原爆で朝鮮人も被害に遭ったんだ(日本人ばかりが被害者じゃない)」というような事を言い出す人がいるけれど、被害者の国籍なんか関係ないでしょう。
ウリ達こそが被害者ニダ!って言いたいのですか?
だから被害者意識の塊だって言うんだよ!
原爆の恐ろしさを知っているなら、なおさら核兵器の開発に警鐘を鳴らすはずでしょうに…。
なんで核実験を喜んでいるんですか?
そして左翼系知識人、及び日教組の息がかかった先生方、人類の平和を願うと言うのなら、そんなダブルスタンダードはやめにしてください。

記事追加:浮かれている場合じゃねえだろ韓国人。

【噴水台】核のロマン主義(2004/9/6 中央日報)

 朴正煕(パク・ジョンヒ)元大統領は1975年6月、米紙ワシントンポストとの会見で「米国が核の傘で韓国を守るとの保障がなければ、核兵器などを開発する考え」だと述べた。 当時、青瓦台(チョンワデ、大統領府)は、在米韓国人科学者を密かに呼んで、作業に乗り出した状況で、米国はそのため非常に緊張していた。
 そうした状況の77年6月。 世界的な理論物理学者の在米韓国人科学者、李輝昭(イ・フィソ)氏が米国で交通事故で、42歳に死亡した。 京畿(キョンギ)高校2年のとき、ソウル工大に合格した後、渡米し、物理学を専攻、28歳のとき、ペンシルベニア大の正教授に採用された秀才だった。 即時に「韓国の核開発を阻止しようとする米特殊機関の仕業」とのうわさが広がった。 それ以降、李輝昭氏は、韓国の挫折した核開発の象徴となった。 「李輝昭さえ生存していたら…」その悔しさは、93年、金辰明(キム・ジンミョン)が発表した長編小説『ムクゲの花が咲きました』で爆発した。 小説で「イ・ヨンフ」との名前で生き返った同氏は、死んだ人ながら、南北(韓国・北朝鮮)共同核兵器開発の基礎を提供する。 米日合弁の韓国侵攻に対抗し、共同核弾頭は威力を遺憾なく発揮する。 「米日の韓国攻撃」という刺激的なテーマと「南北共同の核兵器開発」という感性が結合した小説だ。 その感性は「北朝鮮の核兵器も結局韓国の核兵器」という「核のロマン主義」に変わり、依然として現在進行形だ。
 ところが、韓国は、核兵器の開発によるリスクに耐えられるだろうか。 核開発の過程で受けた侮辱について、中央(チュンアン)日報が出版した『青瓦台秘書室』の第2編は、関係者の話を次のように伝えている。
 「76年に科学技術処長官室で開かれた韓米原子力関連協議会に国務省次官補が出席した。 同氏は、下品な言葉で『再処理の再の字にも触れるな』と話した。 それが、韓国の位相だった」、 「70年代中、韓国の米大使館・科学担当官は、韓国科学技術研究院(KIST)に一方的にやってきて、随時調べていた」。当時は力がなく、米国にやられたが、いまは少し強くなったから、状況が違う、とも言えない。 現在は、国際原子力機関(IAEA)に一々報告し、同機関が漏れなく調べている。 問題点が捕捉され、国連安保理に付託されることにでもなったら、制裁が待っている。 そうすれば、国家の信用度が墜落し、対外的依存度の高い韓国は、即時、さ迷うようになる。 石油強国のリビアも核を放棄したくらいだ。
 最近、原子力研究所がウラン0.2グラムを抽出したことについて「いよいよ核兵器の製造技術が確保できた」という喜びの見方がある。 韓国としては嬉しいニュースだが、世界が疑惑の視線を送っているというのが問題だ。 ロマンは現実ではないように「核のロマン主義」も、現実では力にならないとのところに悲劇がある。

 政治部・安成奎(アン・ャ塔Mュ)次長

 (以上転載) 

 呆~呆…。
 中央日報というのは韓国3大紙のひとつだそうですが…
 「北朝鮮の核兵器も結局韓国の核兵器」って…ジャイアン?

北朝鮮の斜陽はもう止められないかもしれない。
金政権を倒せるのは北朝鮮の国民しかいない。
国民が国家を支えられなくなったらその国家は滅びるしかないのだから。
しかし韓国を好きになれる要素がまったく見つけられないのはどうしたものやら。
ヨン様はドラマの中にしかいません。
韓国人は日本人には何をしてもいいと思っている節があります。
ヨン様恋しさに韓国を訪れる日本人女性の方々は、どうか御身にお気をつけてください。
[PR]
by yuzuruha_neko | 2004-09-12 23:51 | 今日のニュース・雑考
<< 切羽詰った気分で… 女の道楽、女のこだわり、それはコスメ >>