納税額が減ってた…けど増やせと言われても無理
黒マッチョニュースより

たばこ販売、最大の落ち込みに=増税も1000億円減収-財務省
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2010030500974

10月1日からのたばこ増税による販売数量や税収への影響について、財務省がまとめた試算が5日明らかになった。規制強化や健康志向の高まりによる消費の自然減に加え、1本当たり3.5円の増税で禁煙、節煙の流れが加速、2010年度の販売数量は今年度比15.9%減の1950億本となる見込み。増税の影響を通年度ベースで反映させると1710億本にとどまり、現状より2割以上落ち込む計算だ。
同省によると、落ち込み幅は把握している1965年度以降で最大。国と地方合わせた税収も09年度当初予算に比べ1000億円余り減少し、1兆9734億円を見込んでいる。
(2010/03/05-21:02)



私も先月からいきなりたばこ税の納税額が半分に減ったしね。
「煙草が美味しくない=肉体的な許容量を超えた喫煙量」と判断して1日2箱を1箱に減らそうと思って実際に1日1箱で問題なくやってこれているというだけの話で、税収という観点では何も考えてなかったけど。
自分自身の勘では多分たばこ税は納め続けると思うし、値上げされたらその差額分も納めると思うけど、余命何年かは知らねど量的に今以上消費&納税する可能性は低いと踏んでいる。
喫煙による健康被害で社会保障費が云々という論調はいまだ強いが、私の場合喫煙が原因ではない(喫煙開始前に発症した)病気で社会保障費を脅かしている立場だから、「喫煙者」という看板だけを頼りにしないで個々のケースに対応した嫌煙論を用意して欲しいものだ。
嫌煙論がしばし喫煙者の人格否定や誹謗中傷に走りがちな点(喫煙者の家族の不幸を喫煙のせいだと言いきった猛者もいる)は説得力や支持率低下の原因になりかねないので仲間同士で自粛を促しあうべきだと思う。

喫煙者はどうせ早死にする、という定番の説に異論はあるものの、「煙草1本吸えば何日分寿命が縮まる」という絶対に結果を間違えない確たる保障があるのなら、むしろいつまで経っても死期が見えない不安から解放されて安らかに刻々と余命を削って行けるのだがそういう努力は惜しむんですよね嫌煙派の医療関係者って。
長生きさせるだけが医療か!と前々から世間に問い詰めたかった私です。
もともと就学前から抱いていた私の唯一の人生設計は「長生きしない、少なくとも40歳くらいまでには(事故か病気か突然死で)死ぬ」だったのに(あと「結婚と出産は絶対にしない」もあるけど二次的な話ですね)、そういう人生設計に応えてくれる政策は何もないあたりが絶望の極みです、アッー!


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1419233909

たばこが1箱1000円に値上がりした場合、今後9年で計9兆円の税収増が見込めるとの新たな試算を17日、厚生労働省研究班(主任研究者・高橋裕子奈良女子大教授)が公表した。
京都大大学院の依田高典教授の試算では、禁煙の意思を示す人全員が成功するとして、最大1.9兆円の減収が見込まれるとしたが、高橋教授は「1年後には多くが禁煙から脱落する。減収はあり得ない」と反論している。
研究班は、たばこが来年元旦に1000円になったとして2017年までの9年間の税収を試算した。


禁煙化なのか税収UPのためなのか、増税の目的をはっきり示せよ。


◇追記◇

大麻の使用に脱毛という副作用があることを最近知りましたが、俗説では逆に「大麻にはハゲ予防効果がある」とされているそうですね。
なぜか煙草の話になると「大麻は煙草に比べれば全然害がない」と主張する人が一定の割合で出現しますが、同性同士のハゲ差別が酷い日本でハゲ効果のある薬って「害がない」部類に入るのでしょうか?(私はハゲと人格に何も関連性を見出せないからどうでもいいけど男性のハゲ恐怖とハゲ差別は常軌を逸していると思うんだ)
煙草も血行が悪くなる以上毛髪への影響は当然あるだろうけど(私は頭髪大杉という同情して貰えない影響が顕著)大麻は副作用でハゲるのにそれはどうでもいいことなのきゃ??

人気ブログランキングへ
[PR]
by yuzuruha_neko | 2010-03-07 23:37 | 今日のニュース・雑考
<< 「毛髪はもう死んでいる」 歌丸... 日本領海なら現行犯逮捕でおk >>